最近よく雑誌やサイトなどで話題になっているフコイダンですが正式名では硫酸化フコース含有多糖類と呼びます。難しい名前ですが含有されているものでは、昆布や茎ワカメなどの海藻類のネバネバに含まれていて研究結果から色々な健康効果が期待されるようになっています。まず代表的な効果としてピロリ菌を除菌することが出来ることが分かっています。ピロリ菌は多くの方が体内に持っていて多くの方が悩まされています。またピロリ菌は色々な病気に発展するので非常に危険ですので尚フコイダン分子が注目されています。フコイダンを摂取するには海藻類を食べる方法がありますが、あまり多くの量を毎日食べるのにはなかなか大変です。最近ではサプリメントが様々な会社から販売されています。サプリメントはメーカーによって価格が異なりますがそれ程高くないので試してみることをお勧めします。

フコイダンの分子の優れたメリット

フコイダンの優れたメリットを持っています。フコイダンの特徴は、糖が分子のレベルでつながった粘質多糖類の食物繊維となっており、粘り気の正体になっています。納豆などの食べ物のネバネバとは比べ物にならないほどの強力な粘り気があります。フコイダンの分子の優れたメリットは、粘質多糖類の食物繊維を含んでいる部分にもあり、グルクロン酸という糖を含んだ物質やガラクトースを含む硫酸化フコースという甘みの少ない糖から形成される物質などに分類されています。含まれる海藻の種類によって含有量や得られる効果などの強さも変異なります。糖の大きさによって、分子が高いフコイダンと低い特徴のフコイダンに分かれます。低いフコイダンは小さいことから、含まれている場合の健康食品や化粧品を体内に取り入れることで、体内への吸収率が高いメリットが得られます。また、高いフコイダンは吸収率が低いことから、皮膚の表面に肌に潤いを与える効果が高く得られるメリットがあります。

フコイダン分子の抗アレルギー効果について

現代病とも呼ばれているのがアレルギー症状があります。様々なアレルギー症状などは近年種類が増えてきており、多くの人が治療をしている状態です。このアレルギー症状がでる原因ですが、免疫機能が大きく関係しています。免疫機能が低下している人の場合は、アレルギー反応に大きく影響を及ぼすのがIgEと呼ばれる抗体になります。本来であれば免疫機能が正常であればIgEも正常な働きをしますが、免疫機能が低下しているとIgEが過剰に生成されてしまいアレルギー反応として症状が出てしまいます。フコイダン分子は昆布やメカブなどに含まれている食物繊維であり、摂取することで免疫機能を整える効果があります。そのため本来であればアレルギー反応を起こしてしまう場合でも、免疫機能が改善されることによって抗アレルギー効果として効果があります。